5月 15

人気のあるパソコンの価格を調査とSSD

市場調査の後、有名所各社のいわゆるorder-maid(オーダーメイド、ノートPC版BTO)をチラ見して、イロイロ比較してみました。

 

まずは、大幅赤字と言われている、Let’sのパナソニック。

ココは、ノートパソコン最大手で、サイズ的にもB5ノート、ただし、画面を大きくしつつキーボードに無理をさせているので、キーピッチは少し窮屈かなと言う個人的な趣味が入ったりしてますが、目の玉が飛び出るほど高い。(しかもoffice無しで)

まぁ、Let’sと言えば、ビジネスマン御用達の名機であって、口コミをチラ見している限りでは、春物(sx1かな?)は冷却ファンが回り続けるほど、冷却性能に少し難がありそうと言う事です。

最も、廻りがうるさい量販店で、冷却ファン廻りを耳を近づけて、ファン廻りの音を聞いてましたが、最新モデルsx1?、店頭価格では20万近くすると言うとんでもなく高いノートパソコンですが、冷却ファンの音はそれほど違和感なし。ただし、office無しです。

サイズ的には、Let’sが良いのですが、どうもこの値段は勇気がいります。

同じく、Let’sの仲間かちょっと不明ですが、J10と言う、小さいノート、B5サイズを大きく下回る、個人的には好みの、非常にコンパクトな設計思想のパソコンです。

難点は、こいつの排気音は、量販店のでうるさい中でも、冷却ファンに耳を近づけると、常時結構な音がします。

J10はサードPCの位置づけでしょうか。iPadなんかのタッチパネルを使わないとか、キーボードがかなりキーピッチが小さく実戦的では無いので、やはりお遊びパソコンですね。カフェーで地味にシュミレーションゲームをやるとか、間違ってもオンライン3Dゲームとかは向かないと思いますが、中には無謀に挑戦されている方がいらっしゃるようです。

私の序列では、日本語にあるのかサブサブノート?パソコン(3rdパソコン)というイメージで、高いお金を払って買うような物では無いかもしれませんね。HDDmodelは10万切ってましたが、ちょっとどうかと言う感じです。作業するのにはちょっと画面を頑張りすぎて小さくしすぎなので、疲れそうです。と言う訳で、お遊びパソコンは、余裕が出て来たら買っても良いかな程度で留めておきましょう。

ちなみに私の個人的意見ですが、iPadはiTouchで痛い目にあった(あれはAppleの完全な仕様ミスと考えていますが、プレイリスト連携がが完全にミスっている)ので、用途も限られてしまうのでiPadは買う予定はありません。iPod系列を使うなら、Classicの方が断然良いかと思います。

携帯の機種変更を考えるときはiPhoneを考えても良いですが、iOSを検証してませんが、従来通り仕様通りなら、あまり買う価値は無いかと思う次第です。まぁ、iTouchのかわり、そろそろ携帯も替え時、と言う時期になったら、AUかソフトバンクに行くかもしれません。でも、高そうだ~。

2ndパソコンとして使うなら、やはり、しっかりキーピッチ、ストローク、特に外で使う場合、静かなカフェーや図書館とかでは騒音対策というか、冷却ファンの音というのも結構重要な要素かもしれません。と言う事で、2ndノートが壊れてしまった私としては、余裕が出て来たらJ10を3rdパソコン、お遊びPCとして持ち歩くというのが、一つの選択肢、いや候補にならないが、欲しいと思わせる面白い機種、という感じがしました。キーストロークはお世辞にも良いとは言えませんが、なかなか面白機種の印象です。

 

次にTOSHIBAですが、これは、あまり私は重視していません。

結構人気は高いのですが、ネックは、いわゆるバッテリ稼働時間。主だったところで、確か9時間位だったと思います。

9時間というと、私の使用時間を計算すると60%~70%(新品時)、少し使い込むと、50%~60%と言う私のバッテリ稼働時間の目安です。

つまり、新品でも、標準添付のバッテリは、5.4時間から6.3時間と、少し新品でも増設バッテリを考えないといけませんので値段も店頭でHDDクラス、確か13万程度、SSDで15万越え、という感じだったので、これはちょっと、評判が良いDynaBookですが、ちょっと費用対効果があまりに費用がかかりすぎ、という感じです。

 

ついでといっては何ですが、ASUS、HPは、バッテリの問題が有って、もうこの時点で候補から外さざるを得ません。

バッテリ6時間標準とか、ちょっとい短いので、使ったこともありませんし、最初から予備バッテリ有りで考えないといけませんね。

 

DELLもチラ見してきましたが、これは完全オーダーメイドらしく、バッテリは組み込み式で換えが出来ないとのこと。

これはもう問題外。キーピッチは触った限りでは良い感じですが、DELLは以前デスクトップのキーピッチが異常に悪い印象があって、あまり候補に考えていません。

 

今回SONYは見てきませんでしたが、一度SONYは見送ったこともありますし、店頭モデルは異様に高いと言う事もあって、オーナーメイド(ソニーは確かオーダーメイドとは言わず、オーナーメイド)と言って、ちょっと違います。

残念ながら、各社共に、量販店にBTOの窓口を設置してますが、オーダーメイドBTOは量販店のポイントが使えないと言う設定だそうです。ネットで買った方が、安いと言う事になるのですね。(パナソニックはポイントも使えず、びっくりするくらい高いのでネットの方が安いと言うのは除く)

 

となると、やはり従来通りになるんでしょうかね。

 

しかし、win7は私はまだデスクトップでも未導入で、OS関係ありませんが、立ち上がり計測とか、(店頭で、店員さんにお願いしてやりましたが)、SSDの早さには腰が抜けるかと思いました。

入れているスタートアップとかの問題も有るかと思いますが、10秒ちょっとで、既にスタンバイ状態というのは、4年間使い続けたHDDタイプ、core2Duoの立ち上げと、雲泥の差。「はやっ」と言う印象です。

最も、atokとか、入っていない機種が多いのですが、正直腰が抜けるくらい早い。

SSD侮りが足しという感じです。

こいつで、corei5、SSD128GBとか候補にあげたいですね。

ちなみに、office2010が入ると、とんでもない高さ。

2007は持っているのですが、プリインストール版だと、それ一台しか使えないので、ワードやエクセルの2007ドキュメントを使うには、2007を同居させるか、2010をアップグレードするかですが、まぁこれは、もうしばらく様子を見ましょうか。

 

ちなみに自作デスクトップは、ドライバ、各種インターフェースボード、このwin7との互換を調べて居ないので、従来通り、Vistaです。

思うのですが、Vistaもそれほど悪いOSでは無いと思いますが、なんで評判が悪いのでしょうねぇ。調べて居ませんが、使っている分にはあまり違和感有りません。

 

と言う所で今日の所はこんな感じです。

 

 

5月 13

夏モデルが出る前の春モデルノートパソコン価格やSSDとか

ゴールデンウィークを市場調査に当てていたわけですが、Intelの新しいCPUが出た影響からか、昨日一昨日辺りは各社一斉に新CPU搭載パソコンを発表したという感じがします。

新しいモノがお好きな方は、すぐに乗り換えるのかもしれませんが、出てすぐは「高い」ので、価格が落ち着く頃合いを見計らって、いつもパソコンの乗り換えをする貧乏性です。

日々進化を続ける精密機械の良い例がパソコンですので、この辺りは、価格と使う年数の「考え方」次第という感じなのか、新しい物好きの方か、という感じに別れるかもしれませんね。

 

私は前述したとおり、一世代前でも充分と考えているわけでして、と言うか、言い換えると、

何故か、パソコンが壊れると、新しいCPUやOSが発表されて、新しいモノに乗り換えるタイミングが、結果的にずれてしまう、と言う悲しい結果に終わります。

確か、数年前、2008年頃終わり頃に、corei7が出たときもそうだったのですが、あれは記憶が確かなら、11月辺りに出たような気がします。

前々から噂になっていて、

「新しいCPUが乗るなら、デスクトップは入れ替えでもしようかな?」と夏ぐらいに考えておりました。

ですが、その夏の終わりに、8年ほど使い倒した、Pentium2(データは残してあるのですが、見るのが面倒なので詳細は置いておきます)だったと思いますが、落雷でお亡くなりになり、愕然としたことがあります。

このような駄文をお読みの方は少ないかと思いますが、落雷も非常にパソコンに与える影響は多いので、電源タップは落雷対策がされて居るモノを選んだ方が良いと思います。私も、それを踏まえて、落雷対策をしました。

 

このように、前回のデスクトップ更改のときも、今回のノートパソコン更改も時期的に何とも微妙。

新しいCPUやOSが必ずと言って良いほど出回ります。

と言う事で、量販店でキーストロークや、立ち上げ時間、等々確認しながら、価格を見て回りましたが、ネットブック以外のいわゆるモバイルノートパソコンは量販店店頭価格は、非常に高い

ネットブックはそれなりに安いのですが、私の使うソフトウェアの動作条件を満たしていないので、候補から外す他が無いのです。

となると、定評が高い、パナソニックLet’sか東芝DynaBook辺りでしょうか。

しかしですね、パナソニックは、高過ぎでしょう。

東芝は今まで使ったことが無いので、どうも少し躊躇してしまいます。

かといって、atom辺りのCPUの乗った口コミを見ると、atomの遅さが気になる口コミが多く、ココはcoreI3以上を狙うほか無しと思いましたが、やはり高いです。

2~3年は使うと考えても、10万以上とか普通にするので、いつも量販店で買っていたノートパソコンですが、要求性能を満たすとなると、春モデルの最後の投げ売り状態の価格でも普通に高いと言う事で、少々尻込みしてしまうと言う感じでした。

 

しかし、SSDは何回か起動確認をしましたが早いですね。

HDDより容量が少ないですが、今までのノートPCを遥かに凌駕する起動速度。モノの10秒程度で、Windowsが立ち上がるというのも、時代の流れでしょうか。

SSDのノートで、春モデルで良いので、何とか手に入らないか、ノートが無いと、仕事が進まないよ、という感じで、ゴールデンウィークをほとんど、ノートパソコン物色に当ててしまいました。

 

SSDの起動速度とか見ていると、乗り換えるなら、corei3以上、SSD128GBというのが、魅力的に見えてしまって、HDDより高いですが、SSDを選んでしまいそうな勢いです。

さて、どうなることやら。。

5月 03

Welcome new world

さて、Wordpressでしばらくは当サイトは運営することにしました。

 

テーマはしばらくノートパソコン導入備忘録という形で綴ります。

インスト音楽はしばらく置いておきます。

GWでたまたま本日はお休みを戴くことが出来ましたので、ちょっと緩く過ごす予定でしたが、4月下旬にノートパソコンが壊れる、と言う事件が起きて、サイト更新が滞ってしまうと言う状況に陥りました。

私の場合、お家で作業をすると、だらだらしてしまうと言う事で、休みの日を中心に、いつもノートパソコン片手に、近所のカフェーでSIRIUSとやらを使って、サイトを作ると言う事をやっていたのですが、突然、4月某日にノートパソコンが強制終了してしまうと言う事象に見舞われました。

SIRIUSは外でもお家でも使えるようにと言う事で、ノートパソコンに1ライセンス入れて置いたのですが、肝心のノートパソコンが、「故障」という事になり、かなりサイト作成計画が遅れてしまっているという困った自体に陥っております。

データ自体は上手いこと取り出しました。

完全にノートパソコンを信用しているわけでは無いので、重要なデータは割とバックアップしたり、今回は「冷却ファン」の異常と言う事もあって、一定期間の起動は可能なので、ぎりぎりの時間で、USBに転送する事が出来ました。

と言う事で、故障したノートには重要なデータも残っていなくて、デスクトップに移行することが出来たのですが、肝心の「お家で作業をすると、だらけてしまってキレのあるコンテンツが書けない」

と言う非常に困った状態になりました。

と言う事で、4年使ったノートパソコンを買い替える、と言う作戦を立てているわけです。

これは早いとこ何とかしないと、作業が滞る一方で、全く進まないと言う情けない体質のために手を考えなければと思った次第です。

もちろん個人差の範疇で、例えば、お家で勉強する方が落ち着いて勉強出来ると言う方もいらっしゃるでしょうし、いやいや、図書館とか廻りの環境がそれらしい環境の方が勉強がはかどると言う方も当然居て、どちらかというと私は、お家ではくつろいで遊んでしまうタイプなので、後者に該当するわけです。

ついでですが、冬場は相当寒く、夏場は暑いと言うとんでもない環境です。結構高い家賃を払っているのですが。。

そういうのが数年続いて、作業をするときは、我が町にはカフェーが一杯有るので、ノートパソコンとwifiで作業をするというのが私のスタイルな訳です。

ところが、ノートパソコンが壊れてしまって、ここ1週間ほど堕落した生活を送っています。

 

当初GW前に立てた予定では、かなり計画が進む予定になっていたのですが、4月の終わりから、ノートパソコンがおかしくなって、堕落生活まっしぐらと言う事になってしまいました。

やはり長年、受験をしたときとか仕事をするときとか、整った環境でやらないと駄目でして、改善しないと本来4月、5月で一応完了する予定のモノが、全く計画倒れになってしまうわけです。

 

と言う訳で、今日は、丁度お休みだったので、とある家電量販店に出掛けていって、ノートパソコンを物色したり、市場調査をしたりしておりました。

 

当サイトは、本来、パソコンとインスト音楽の世界を繋げると言う趣味サイトにしようと思っているのですが(概要参照)、ノートパソコン導入備忘録、NOTEPC~Welcome New World2012 と言う事で、まずはお話しを勧めていこうかと思っています。

 

ショップブランドのノートは避ける方が良いかと思いまして、やはりノートパソコンに限っては、有名ブランドを狙った方が良いでしょうと言う事が前提です。

これがデスクトップだったら全然話が違うのですが、ノートに限っては、さすがにショップブランドというのは避けたいという所です。

 

前回というか、故障したパソコンは2008年モノで、足かけ4年ほど使いました。

4年という歳月はどうやらパソコンに関しては、急激な変化をもたらすらしく、足繁く量販店の売り場に行くか、雑誌でも読んでいないと、浦島太郎の状態になりますね。

とりあえず日付は変わりましたが、昨日4時間くらいかけて、私の要求スペックに見合うモノに狙いを付けております。

 

まずもって、いわゆるネットブックはSIRIUS動作保証が無いので、安いのは全部駄目ですね。

加えて、ネットブックは画面がSIRIUSの必要表示解像度に合わないというのもあるのですね。

さらに、私の場合、「持ち歩き」というのが前提ですので、ホームユースは除外。

最も重視しなければいけないのが、「稼働時間」という事になります。

その次はやはり、キーストローク。これは慣れの問題も有りますが。。

今回は静音性はちょっと前に勉強に使っていたのと事情が異なるので、静かであれば良いですが、カフェーで作業が出来ればと言う程度になるでしょうか。

 

こんな辺りを中心に見てきました。

いずれにせよ、4年前のパソコン選定したときと、全く調査対象のモノの進化が凄まじいと言う事ですね。

ただ、値段に割と疑問があったりします。

価格comの口コミを見ながら、ちょいちょいとみていくことにしたいと思うのです。

 

大体目星を付けているのですが、少し比較をしていくか、思ったことを備忘録的に記述していきたいと思います。